事業計画書の書き方(2)「事業を取り巻く環境の分析」

事業計画書の記載事項のうち、事業を取り巻く環境の分析についてご説明します。

このページの目次

  1. 事業を取り巻く環境の分析
  2. 事業が必要とされる社会的背景
  3. 既存の事業者との違い

1. 事業を取り巻く環境の分析

起業の動機ではあなたのことについて主観的にアピールしていただきますが、主観的な記載だけでは説得力やリアリティが足りません。

今度は、あなたが行おうとしている事業について外から眺めて分析していただきます。事業についてどれだけ客観的に見ることができているか、アピールするわけです。

環境分析などという言葉で色々と専門的なことが述べられていますが、最低限下記の2点、

  • あなたが行おうとしている事業が世の中で必要とされていること
  • 既存の会社の既存の商品・サービスとは一味違うということ

について記載するようにしてください。

2. 事業が必要とされている社会的背景

世の中で必要とされていない事業であれば、その事業を行っても収益を得ることは難しいですよね。当然、銀行もそのような事業には融資してくれないでしょう。

そこで、あなたが行おうとしている事業がどれだけ世の中で必要とされているか、客観的なデータを示した上で述べる必要があります。

たとえば、

  • 業界団体が公開している各種データ
  • 国や自治体が公開しているデータ
  • 検索エンジンが公開している検索ボリュームに関するデータ

などの活用が考えられます。

それらのデータから、あなたが提供する商品・サービスの需要が大いにある、ということが示せればOKです。

このような分析は融資を受ける・受けないにかかわらず、当然に必要となりますね。

3. 既存の事業者との違い

商品やサービスそのもので既存の会社と差別化できるようであれば、どのように差別化できるのか大いにアピールしてください。

ただ、実際には商品やサービスそのものでの差別化が難しい場合も多いと思います。

かと言って、新商品を開発するとか、発明をするとか、そういうことだけが差別化ではありません。

既存の会社と同じ商品を扱うのであっても、ちょっと売り方を変えるだけで差別化できる場合も多々あると思います。

また、起業の動機のページでも触れましたが、商品・サービスが外(=顧客目線)から見て同じように見えるのであれば、顧客は「誰から買うか」を判断するわけです。その「誰」の部分には、他とは差別化できる点がきっとあると思います。

既存の事業者の商品・サービス、そしてそれぞれの売り方などを調査した上で、差別化できるポイントを見出し、アピールするようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ