日本政策金融公庫 融資申請の流れ

日本政策金融公庫への融資申請の流れについてご説明いたします。

このページの目次

  1. 事前の準備
  2. 事業計画書類作成
  3. 融資申請
  4. 公庫で面接
  5. 融資実行

1. 事前の準備

まずは、起業するということ、そして起業後の経営について、明確にしておきます。次の事項について、メモ書きでよいので書き出してみてください。

  1. 自己資金はどれくらいあるか?
  2. 起業にはいくら資金が必要か?
    • 起業時に必要な物品・受ける必要のあるサービスのリストアップ
    • 起業後に必要な経費のリストアップ
  3. 2-1が不足している資金ですが、それをどうやって調達するか(融資の他に、家族から借りるなど)
  4. どのように集客するか
  5. 毎月の売上の見込み(根拠も)
  6. どれくらい返済できるか

そしてもちろん、なぜ起業するのか、起業して何を成し遂げたいのか、どのように世の中に貢献できるのか、という大きな視点でも、起業の目的をまとめてみてください。

ここで考えたことを、創業計画書(事業計画書)に落とし込んでいきます。

また、連帯保証人を立てる場合は、保証人になっていただく方の了承も得ておきましょう。

「本当に融資を受ける必要があるのか?」についても、もう一度考えてみてください。

2. 事業計画書類作成

融資申請のための書類を作成します。主に、下記書類が必要となります。

  • 借入申込書
  • 創業計画書
  • 企業概要書
  • 見積書(設備資金の場合)
  • 履歴事項全部証明書(法人の場合)
  • 都道府県知事の推せん書,生活衛生同業組合の振興事業に係る資金証明書(生活衛生関係営業の場合)

3. 融資申請

作成した書類を公庫支店に提出し、融資の申し込み手続きを行います。

念のため、事前に電話でアポを取った上で公庫に出向き、申請書類を提出してください。提出時にも、事業について簡単な質問をされるかもしれません。

また、当然のことではありますが、やはり見た目の印象は重要ですので、きちんとした身なりでお出向きください。

4. 公庫で面接

融資申請から1〜2週間程度で、公庫から手紙などで面談の連絡が来ます。

指定日に公庫に出向き、担当者との面接を受けていただきます。ここでいかに熱意を伝えられるか、ということが重要なポイントとなってきます。また、担当者が実際に会社の事務所や店舗を訪問する場合もあります。

面談の際には、事業に関する詳しい資料、その他参考となる資料を持参しましょう。

5. 融資実行

面接から1〜2週間で、公庫から手紙などで審査結果が届きます。

無事に融資が決定しますと、公庫と契約手続きを行い、口座に振り込みがされます。

融資申込みから融資実行まで、だいたい1か月前後かかります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ