日本政策金融公庫の創業融資制度

日本政策金融公庫の創業融資制度について、概要をご説明いたします。

このページの目次

  1. 新規開業資金
  2. 新創業融資制度

1. 新規開業資金

新規開業者向けの基本的な融資制度です。

新規開業資金の概要について、公庫ウェブサイトから引用してご説明します。

利用できる方

次のいずれかに該当する方

  1. 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
    • 現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
    • 現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
  2. 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
  3. 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  4. 雇用の創出を伴う事業を始める方
  5. 1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね5年以内の方
田中の解説

条件が示されていますが、1,2,4には当てはまらなくても、だいたいの方が3には当てはまるのではないかと思いますので、この部分では申し込みの条件はあってないようなものですね。

資金の使いみち

新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金

融資限度額

7,200万円(うち運転資金4,800万円)

田中の解説

この金額はあくまで上限で、目一杯借りられるということではないです。公庫のウェブサイトによると、1企業あたりの平均融資残高は666万円ということですし、私がお手伝いさせていただく案件も100万円〜300万円くらいの申し込み額が多いです。

返済期間

設備資金
15年以内(特に必要な場合20年以内)
(うち据置期間3年以内)
運転資金
5年以内(特に必要な場合7年以内)
(うち据置期間6ヵ月以内(特に必要な場合1年以内))
田中の解説

返済期間は借入金額や返済金額などの条件によって変わってきます。据置期間というのは、元金の返済を待ってもらえる期間(利息の返済は必要)です。

利率(年)

基本的に基準利率

田中の解説

利率は随時改定されますし、返済期間、保証人の有無などによっても変わってきますが、平成25年8月現在で、年利1.55%〜3%くらいです。

保証人・担保

応相談

田中の解説

担保については、1,000万円を超えるような高額融資でなければ求められることはあまりないと思います。保証人については、会社として借り入れる場合は代表取締役個人がなる場合が多いと思います。

2. 新創業融資制度

新創業融資は、無担保・無保証人で借りることの出来る制度です

新創業融資制度の概要について、公庫ウェブサイトから引用してご説明します。

通常の新規開業資金の特例として用意されている制度です。

利用できる方

次の1~3のすべての要件に該当する方

  1. 創業の要件
    新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
  2. 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
    次のいずれかに該当する方
    • 雇用の創出を伴う事業を始める方
    • 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
    • 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
      • 現在の企業に継続して6年以上お勤めの方
      • 現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
    • 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
    • 既に事業を始めている場合は、事業開始時に上記のいずれかに該当した方
  3. 自己資金の要件
    事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の3分の1以上の自己資金を確認できる方
田中の解説

創業資金総額の3分の1以上を自己資金でまなかわなくてはならない、というのがこの制度の特徴です。たとえば、創業に300万円必要だとすると、そのうち3分の1に当たる100万円は自分で用意し、残る200万円について借り入れ申し込みする、ということです。

資金の使いみち

新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金

融資限度額

1,500万円

田中の解説

この金額はあくまで上限で、目一杯借りられるということではないです。公庫のウェブサイトによると、1企業あたりの平均融資残高は666万円ということですし、私がお手伝いさせていただく案件も100万円〜300万円くらいの申し込み額が多いです。

返済期間

設備資金
10年以内
(うち据置期間6ヶ月以内)
運転資金
5年以内(特に必要な場合7年以内)
(うち据置期間6ヵ月以内)
田中の解説

返済期間は借入金額や返済金額などの条件によって変わってきます。据置期間というのは、元金の返済を待ってもらえる期間(利息の返済は必要)です。

利率(年)

基本的に基準利率

田中の解説

利率は随時改定されますし、返済期間などによっても変わってきますが、平成25年8月現在で、年利3.7%〜4%くらいです。保証人が必要な通常の融資と比べて、若干利率が高くなっています。

保証人・担保

いずれも不要

サブコンテンツ

このページの先頭へ