都道府県・市町村制度融資とは?

都道府県・市町村の制度融資についてご説明いたします。

このページの目次

  1. 制度融資とは?
  2. 都道府県・市町村(自治体)の役割
  3. 民間の金融機関(銀行や信用金庫など)の役割
  4. 信用保証協会の役割

1. 制度融資とは?

起業時に融資を受ける場合、日本政策金融公庫を活用する方法のほか、ここでご説明する「制度融資」というものがあります。

制度融資とは、

  • 都道府県・市町村
  • 民間の金融機関
  • 信用保証協会

の3者が連携して中小企業の資金繰りをサポートするというものです。

2. 都道府県・市町村(自治体)の役割

通称、自治体の制度融資などと呼ばれることもありますが、都道府県や市町村などの自治体が起業する方に直接融資をするというわけではありません。

では、自治体は何をするかというと、銀行に対して融資するためのお金の一部を預け、銀行が融資をしやすくするように協力しています。

また、自治体によっては、信用保証協会に支払う保証料を肩代わりしてくれる所もあります。

3. 民間の金融機関(銀行や信用金庫など)の役割

自治体の制度融資で、実際にお金を貸してくれるのは銀行です。融資をするかどうかの審査も、自治体ではなく各銀行が行うことになります。また、制度融資の申し込み窓口も、基本的に銀行となります。

資金を借りた創業者は、銀行に対して利息を支払います。

利息は融資の条件などによっても変わってきますが、だいたい日本政策金融公庫で借りる場合と同じくらい、おおよそ1〜2%くらいとなります。

4. 信用保証協会の役割

信用保証協会という機関をご存じの方は多くはいらっしゃらないかもしれません。

信用保証協会(通称「保証協会」「しんぽ」)は、融資を受けた創業者が返済できなくなった場合に、創業者に代わって銀行に返済をする機関です。分かりやすく言うと、融資の保証人になってくれる機関、ということです。

保証人になってもらった創業者は、銀行に支払う利息のほかに、保証協会にも「信用保証料」を支払う必要があります。保証料は融資の内容によっても変わってきますが、だいたい0.3〜2%くらいです。また、先ほども書きましたが、自治体によってはこの保証料を肩代わりしてくれる所もあります。

保証協会の保証を付けることによって銀行は融資をするリスクが下がるので、創業者が起業資金を借りやすくなる、という仕組みです。

また、融資を申し込んだ創業者に対して保証ができるかどうかを、銀行の審査とは別に、信用保証協会が審査することとなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ